トップ > 腸脛靭帯炎(腸脛靭帯摩擦症)

腸脛靭帯炎(腸脛靭帯摩擦症)

陸上部(長距離)の方やマラソン・ランニングをされている方、登山をされる方に
 多く発症します。
 
腸脛靭帯は、ももの外側を走行していますが、膝を曲げ伸ばしした時にももの下の外側の骨の出っ張り(大腿骨外側上顆といいます)に過剰に摩擦を繰り返すことにより炎症が起きます。
運動時痛を起こしたり、ひどい場合にはじっとしていても痛みを感じるようになります。鍼治療は、外側部の緊張の強い筋肉や靱帯周辺を集中的に治療します。
 
大会の出場が迫っている方は、なるべく早く治療を行い、万全の状態で大会に臨んでほしいと思います。


北京堂鍼灸マッサージ治療院 新百合ヶ丘治療所
 川崎市麻生区高石1-1-21 白百合ハイツ101
  (小田急線百合ヶ丘駅から徒歩3分!)
 
【開院時間】
月~金 10時~21時(当日18時半電話受付終了)
日・祝 10時~19時(当日18時電話受付終了)
 
【休診日】
日曜日(日曜日以外の祝日は開院しています)
 
【電話】 
044-712-7171(予約優先)